江戸時代×科学捜査がコラボした 新感覚タイムトラベルミステリー!

2020.09.23

©U-NEXT・カンテレ

多くが映画化やドラマ化もされる注目の文学賞のひとつが、『このミステリーがすごい!』大賞。過去には、累計1,000万部を突破した『チーム・バチスタの栄光』シリーズの海堂尊を輩出したミステリー&エンターテインメント小説の新人賞だ。今回紹介する「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」の原作は、山本巧次の『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」。第13回『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉として刊行された作品。江戸時代と科学捜査がコラボした新感覚のタイムトラベルミステリーは秋の夜長にぴったり。

■大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう=書名 ■山本巧次=著者 ■宝島社文庫=刊 ■定価680円(税別)

江戸の難事件に現代科学で挑む!

東京の不動産会社で働く関口優佳(佐久間由衣)は、ある日、祖母の家を受け継ぐことになった。その家には不思議な押し入れがあり、なんとそこから江戸時代にタイムスリップできるという。タイムスリップした先で出会った南町奉行所の同心・鵜飼伝三郎(竹財輝之助)から殺人事件の捜査協力を求められた優佳は、幼馴染の宇田川聡史(甲斐翔真)の科学分析力を借りて“おゆう”として事件に挑むことに…。

   ©U-NEXT・カンテレ
©U-NEXT・カンテレ
©U-NEXT・カンテレ

佐久間由衣ほかキャストにも注目

主人公・関口優佳(おゆう)を演じるのは佐久間由衣。ファッション雑誌「ViVi」専属モデルを経て女優業に進出。「エル シネマアワード2019」でエル・ガール ライジングスター賞を受賞した今後注目の女優のひとり。過去にはNHK連続テレビ小説『ひよっこ』などに出演。そのほか、竹財輝之助、手塚とおる、甲斐翔真、吹越満らが登場する。

©U-NEXT・カンテレ
©U-NEXT・カンテレ
©U-NEXT・カンテレ

日本映画専門チャンネル

時空探偵おゆう 大江戸科学捜査(全8話)
20日 後10.40~深2.30

この記事をシェアする