ベストセラー作家・伊坂幸太郎原作の映画4作品をイッキ見!

2021.05.27

©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

誌面でご紹介した『アイネクライネナハトムジーク』は、伊坂幸太郎にとって初にして唯一の恋愛小説集。その興味深い小説を、三浦春馬多部未華子の共演、さらに『愛がなんだ』など恋愛映画の旗手である今泉力哉監督で映画化…となれば見ない理由はない。日本映画専門チャンネルでは、6日(日)の『アイネクライネナハトムジーク』を含む、珠玉の伊坂原作の映画を4作品放送する。20日(日)の4作品一挙放送は、イッキ見のチャンス!

~原作紹介~
■アイネクライネナハトムジーク=書名
■伊坂幸太郎=著者
■幻冬舎文庫=刊 ■定価660円

異なる分野のクリエイターふたりの交流が生んだ恋愛小説集

大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎と、弾き語り・バンドスタイル・楽曲提供など幅広く活動するアーティスト・斉藤和義。恋愛小説集『アイネクライネナハトムジーク』は、この二人の異才の交流から生まれた。斉藤から作詞のオファーを受けた伊坂が「小説なら」と短編『アイネクライネ』を書き下ろし、それに斉藤が楽曲『ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~』で応え、再び伊坂が短編『ライトヘビー』を書いた。これに新たな4編を加えて完成した作品なのだ。

©2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

時を越えて気づく、“出会い”より大切なこととは?10年越しの恋の物語

仙台駅前。訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季(多部未華子)と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応じてくれた。紗季の手には手書きで“シャンプー”の文字。思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む…。思いがけない絆で佐藤とつながっていく不器用な人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。主題歌はもちろん斉藤和義の『小さな夜』。

日本映画専門チャンネル

[映]アイネクライネナハトムジーク

6日 後7.40~22.00 [再]=13・20・24・27

©2015「グラスホッパー」製作委員会
©2015「グラスホッパー」製作委員会

恋人を殺され復讐に燃えるごく普通の男が、裏社会の闘いの渦に飲み込まれていく

ハロウィンの夜、渋谷の交差点を暴走する車に婚約者の百合子(波瑠)を殺された教員の鈴木(生田斗真)は、現場で拾った“真犯人は別にいる”とのメモに導かれ某会社に潜入したのを機に、殺し屋がうごめく裏社会に足を踏み入れる。共演は浅野忠信山田涼介。監督は『脳男』の瀧本智行

日本映画専門チャンネル

[映]グラスホッパー<PG-12>

2日 後6.45~9.00  [再]=7・17・20

©2006「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会
©2006「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会

大学生と奇妙な隣人の交流から描かれる切ないストーリーと伊坂のトリックが光る、傑作青春ミステリー

隣人に誘われて本屋襲撃を決行した青年が巻き込まれる、奇妙で切ない青春ストーリー。監督は『チーム・バチスタの栄光』『ゴールデンスランバー』の中村義洋。進学のため仙台へやって来た椎名(濱田岳)は、アパートの隣人・河崎(瑛太)からある計画を打ち明けられる。アパートに引き篭もっているブータンからの留学生ドルジに贈るため、本屋を襲って広辞苑を奪おうというのだが…。

日本映画専門チャンネル

[映]アヒルと鴨のコインロッカー

3日 後6.50~9.00  [再]=11・20

©2009『重力ピエロ』製作委員会
©2009『重力ピエロ』製作委員会

連続放火事件に隠された家族の真実を紐解いていく、感動的なミステリー

連続放火事件を追う兄弟が真相を推理するうちに、自分たち家族の秘密へと行きつく。伊坂幸太郎の出世作を『蛇のひと』の森淳一監督が手がけ、加瀬亮岡田将生が兄弟に扮する。仙台に暮らす泉水(加瀬)と春(岡田)は対照的な性格ながら仲の良い兄弟。折りしも街では連続放火事件が発生し、火災場所には必ずグラフィティアートが残されるという共通点があった。春は渋る泉水を誘い、独自に犯人を捜し始める。

日本映画専門チャンネル

[映]重力ピエロ

16日 後7.00~9.15  [再]=20

この記事をシェアする